株式会社JF鶴見花き 切花事業部Blog

リンドウ祭り

投稿日:2017年7月25日

いつも拝見していただきありがとうございます!

 

只今、弊社でリンドウをメインとした展示フェアを行っております。

岩手は「りんどう」のシェアが日本一で、県内各地で広く栽培されています。

元々は青紫色の仏花として普及しましたが、

白色・ピンク色・パステル系と様々な色が育種され、

花束やアレンジなど使われる幅も広がってきています。

また、矮性の品種を鉢物として出荷したり、

輸出も始めるなど新たな展開を見せています。

 

 

りんどうの語源は赤褐色の根で苦みが強く、

古来より健胃薬に利用されてきた「竜胆:りゅたん」。

これがなまって、りんどうと呼ばれるようになったと言われています。

咲く時期や色などによってさまざまな品種がありますが、

夏から秋にかけての花で花持ちの良さ、

色鮮やかさではこれほどの花はありません。

 

 

ページトップへ戻る